眼の健康と視力を守る

目の疲れ・過矯正・自律神経の負担・近視進行・視覚障害を防ぐため、日本眼科医会では1年に1回以上の眼科受診をおすすめしています。


メガネやコンタクトレンズを作る人を含め、1年に1度以上はOCT・眼底(散瞳)検査をうけましょう。調節緊張の程度を調べて過矯正を防ぐと、眼の疲れや近視進行を抑制することができると研究発表されています。緑内障・周辺部網膜変性(裂孔)・糖尿病網膜症・白内障・近視性黄斑症・加齢黄斑変性などを早期発見・治療でき、将来の視覚障害を防げます。1人あたり年間約4万円以上の経済的損失を防げると推測されます。