緑内障

緑内障とは、眼圧(眼の中の圧力)の上昇等が原因となり、視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気です。多くの場合、自覚症状がありません。
また、一度障害された視神経を元にもどす方法はなく、病気の進行をくい止める必要があります。
日本人では40歳以上の17人に1人は緑内障と言われています。
また、緑内障の有病率は40才以上で、加齢により増加します。
(*日本緑内障学会多治見緑内障疫学調査より)

当医療法人では、毎週月曜日に戸田公園駅前眼科へ太根伸浩先生を招き、緑内障外来を含む一般外来を開設しております。 戸田公園駅前眼科はこちら

緑内障三次元眼底画像解析・視野解析が早期発見、定量的眼圧管理に有効です。

画像:全緑内障年代別有病率

緑内障の種類

正常眼圧緑内障
眼圧は正常範囲内(10~21mmHg)ですが緑内障です。
緑内障の約7割が正常眼圧緑内障です。
原発開放隅角緑内障
眼圧が上昇し、ゆっくり病気が進行していく緑内障です。
正常眼圧緑内障もこれに含まれます。
原発閉塞隅角緑内障
隅角が狭くなり、閉じてしまう事により眼圧が上昇した緑内障です。
慢性型(慢性閉塞隅角緑内障)と急性型(急性閉塞隅角緑内障)があります。
続発緑内障
他の病気や薬の影響等による眼圧上昇によっておこる緑内障です。
先天緑内障
生まれつき隅角が未発達であることからおこる緑内障です。

緑内障の症状

一般的に緑内障はかなり症状が進行しないと自覚症状として現れない病気です。
また、普段は両目で物を見ている為、片眼の視野(見える範囲)が狭くなってきていてもなかなか眼に異常を感じることはありません。

だいたいの場合は知らない間に病気が進行していることが多くあります。
急性の緑内障の場合は、眼の奥に痛み違和感があり、頭痛吐き気等の激しい症状をおこします。このような症状が出た場合はすぐに治療を行い眼圧を下げる必要があります。

イメージ:緑内障の進行と各段階の見え方の違い

緑内障の代表的な症状の一つに虹視症(こうししょう)がございます。
電球などの光を発するものを見たとき、その周りに虹がかかったような光の輪が見える現象をいいます。 虹視症は、ひどく疲れて体力が落ちている時、眼精疲労が進んでいる時に現れやすくなります。

緑内障の検査

眼圧検査
緑内障の状況を把握する為にはとても重要な検査です。
10mmHg~21mmHgが平均の値です。
眼底検査
視神経の状態をみます。
視神経のへこみの度合い等を診察し、正常の形と比べます。
OCT検査
OCTとは【Optical Coherence Tomography(光干渉断層計)】の略。
網膜の断層を撮影でき、診断がスムーズに行えます。
OCTスキャナーについてはこちら
隅角検査
眼の中の水(房水)の出口である隅角の状態を確認します。
緑内障の種類によっては、進行具合により隅角の状態が変わる場合もあるので定期的な検査が必要です。
視野検査
視野(見える範囲)に欠けている部分があるかどうかを調べます。
症状に応じて定期的に検査し、緑内障の進行具合を確認します。

緑内障の治療

治療の方法としては眼圧を下げる点眼薬が中心になります。
※正常値内であっても、さらに下げたほうが良い場合は点眼薬を使用する場合もあります。

点眼薬だけでは効果が不十分の場合、内服薬を併用することもあります。
また、視神経の障害の程度、視野欠損の進行具合よりレーザー治療あるいは手術を行う場合もあります。