加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは網膜(カメラのフィルムにあたる組織)の黄斑というところに異常な老化現象が起こり、視機能(視力や視野)が低下してくる病気です。
黄斑は網膜のほぼ中央にあり、網膜の中で最も視機能が格段に良く、物を見る要の部分です。
中でも、黄斑の中央部分にある中心窩は、特に視機能が鋭敏な一点です。 視力検査でいう「視力」とは、中心窩の視力のことです。

眼底の病気の治療のポイントは、この中心窩の機能をどれだけ回復・維持できるかが大きなポイントです。
初期段階では自覚症状がなく早期発見が困難です。
進行すると、ものが歪んで見えたり(変視症)、見ているものの中心が欠けてしまったり(中心暗転)、視力低下を招いてしまったりします。
50歳以上に多く発症することから、黄斑、特に、網膜色素上皮細胞の加齢による老化現象が主な原因と考えられています。
また、高血圧や心臓病、長期間の紫外線被爆、喫煙、栄養バランス(亜鉛・ビタミン・ルテインなどの不足)の乱れなどの関与も報告されています。

加齢黄斑変性は根本的治療の出来ない病態であり、早期発見し予防に努めて行くことが重要になります。
早期発見するためには、眼底検査と視野検査が行われます。
50歳を過ぎたら、年に1度は眼底検査を受けることをお勧め致します。