糖尿病・高血圧

糖尿病の方へ

糖尿病になると、目にも様々な合併症を引き起こします。その中で一番怖いのは、目のフィルムである網膜が障害される糖尿病網膜症です。
注意しなければならないのは、かなり進行しても、視力低下などの自覚症状がほとんどなく、突然、眼底出血や網膜剥離を起こして、かなり悪化してから気づく場合が多いことです。

日本において、糖尿病網膜症による失明者は年間3000~4000人といわれ、成人の失明原因のトップとなっているのです。

治療は、血管強化薬、内服療法、レーザー治療、硝子体手術がありますが、進行してからレーザーや手術をしても十分な視力回復が得られないことが多く、早期に発見し治療することが大切になってきます。

高血圧の方へ

高血圧と目は一見関係が無いように思われがちですが、目の奥のフィルムである網膜には、血管が走っています。
高血圧により網膜の動脈が細く硬くなると、その下を走る動脈を圧迫して静脈が詰まったり(網膜静脈閉塞症)、動脈自体に血栓が生じて詰まって視力低下を来します。

眼底は、全身の中で唯一血管が直接観察できる部分です。
眼底出血や視野欠損、視力低下が起こる前に、高血圧で動脈硬化が進んでいないか、定期的に調べておくことをお勧めします。