眼科用レーザ光凝固装置 (パターンレーザー)

眼科用レーザ光凝固装置(PASCAL Streamline)は、網膜光凝固(PRP)が効率的に行える最新鋭の光凝固装置です。
患者様の疼痛の軽減、また短時間に多数のスポット照射が行えるため治療時間の短縮が図れます。

従来のレーザー機器との違い
・治療時間の短縮が図れます。
・患者様のうずき、痛みを軽減します。
ショートパルスと高出力により、網膜内層や脈絡膜への影響を大幅に軽減し、患者様の疼痛を軽減します。

大学病院・総合病院を中心に全国でもまだ導入しているところが少ない最先端の医療機器です。最先端のレーザー治療を、当グループ眼科でも実施できるようになりました。

眼科用レーザ光凝固装置の特長

レーザ光凝固装置は、眼底の治療の一種である”網膜光凝固”をおこなうことを主な目的とした装置です。
網膜光凝固とは、点眼麻酔を施した後、網膜の疾患部位にレーザを照射して熱凝固させ、病気の進行を抑制したり、治療したりするものです。
照射する部位や症状にあわせて適切な波長を選択し、治療をおこないます。