OCTスキャナー

緑内障だけでなく、黄斑部疾患など各種網膜疾患の早期発見、経過観察を客観的に行うことができます。

OCTとは

主に網膜の構造を精密に検査するために開発された最新の検査機器です。
赤外線を利用して網膜(眼球内の一番奥にあり、カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断面を画像化します。
ちなみに、OCTは「Optical Coherence Tomography」の略で、日本語に訳すと「光干渉断層計」です。

他の機器との違い

これまでの眼底検査に使用されていた眼底カメラとの違いは、眼底カメラが網膜表面の状態を撮影するのに対して、OCTでは網膜の断面を拡大して撮影したり、網膜の厚さを正確に測定することができ、表面から見てもわからなかった浮腫や神経線維の減少等の網膜の異常が発見できるようになりました。

何が検査できるの?

緑内障や黄斑変性など網膜の様々な病気の検出が可能となり、早期発見や定量的評価を客観的に行えるようになりました。

検査方法

アゴと額を固定し機械の中をのぞくだけのごく簡単な検査です。
検査時に瞳孔を開く目薬を点眼いたしますが、痛みはありません。

検査は数秒

検査にかかる時間は、眼底カメラとほとんど変わらず、数秒以内で終了し、眼の負担も少なく検査を受けていただけます。

これまでは大学病院・総合病院でしかできなかった高度な検査

非常に高価な機器であるため、街の診療所で導入している施設は多くはありません。
大学病院・総合病院でしかできなかった検査を、当グループでも実施できるようになりました。